1Dayレッスン「春の飾り巻き寿司ランチ」

新型コロナウイルスの感染状況により、料理教室を中止にさせていただいており、

お客さまには大変ご迷惑をおかけしていますことを改めてお詫び申し上げます。

中止にさせていただいた料理教室の内容を先生のご協力のもと、ブログにてご紹介したいと思います☆

 

今回は 「春の飾り巻き寿司ランチ」を

アトリエそら 小山惠美子先生 に教えていただきました。

 

MENU

 ・おんなの子  ・お花寿司

 ・アスパラガスのアーモンド和え  ・艶々あんこ玉  ・たらこ豆腐汁

   

 

【おんなの子】

 

今日は、炊飯専用鍋で3合炊いて準備。ご飯にすし酢をまわしかけて切るように混ぜます。

最初は、お米がすし酢を吸っているときなので、まだうちわであおぎません。。

容器の底の水分が見えなくなったら、熱を取りツヤを出すためにうちわであおぎます!

  

すし飯を計量したあと、パーツを作ります。そのあとは組み立てです。

今日は黒髪のおんなの子なので、髪の部分は黒すりごまとゆかりを混ぜました♪

茶色の髪のときは、削りカツオを混ぜて~

紫色の髪のときは、ゆかりを混ぜて~ その都度お好みで作ってくださいね。

海苔で巻くときは、お米3粒を海苔代わりにして使います。忘れないように!

 

組み立てが完成したらラップに包んで落ち着かせます・・・

包丁をしっかり濡らして、引き切りにしますよ~ 常に包丁をキレイに濡れ布巾で拭き取ります!

  

4等分に切った後、目・口・ほほを飾り付けて完成☆

 

【お花寿司】 

 

すし飯を計量したあと、パーツを作っていきます。

  

まずは、花びらを作りましたよ。 海苔代わりのお米3粒を忘れずに~

とじ目を下にして濡れ布巾の上に置いておきます。

  

花芯のチーズかまぼこと野沢菜をのせていき、海苔の帯2本を巻いて型崩れしないように止めます。

  

ピンク色のすし飯を海苔に広げ、ラップでおおい天地替えをします。

花のパーツを置いて、両方から少し引っ張るように巻き上げますよ~

調整用のごはんを、隙間と海苔の部分が見えないようにのせてくださいね。

 

組み立てが完成したらラップに包んで落ち着かせます・・・

包丁をしっかり濡らして、引き切りにしますよ~ 常に包丁をキレイに濡れ布巾で拭き取ります!

すし飯が外側になる裏巻きの時は、ラップをしたまま包丁で切ってください。

かわいいお花寿司ができました☆

 

【アスパラガスのアーモンド和え】

  

アスパラガスを下茹でし、生クリームを少し泡だて器で混ぜてから調味料を入れていきます。

オリーブオイルは、最後に入れると混ざりやすいです。

すし酢が入っているのでさっぱり♪ アーモンドの食感がおいしい~

 

【艶々あんこ玉】

   

白あんは、レンジで手につかなくなるまでしっかり水分をとばしておきます。ここポイントです!

   

水と寒天を混ぜながらしっかり沸騰させ、グラニュー糖を加えて再沸騰!

ラップに白あんをのせて、こねながら抹茶と練り梅で色づけしていきます。

このあんこ玉は、桜にも見立てられていて。。緑は葉桜に 赤は蕾に 白は満開 だそうです。

 

【たらこ豆腐汁】

  

絹ごし豆腐はペーパーで水切りしておくと、形が崩れにくくなります。

鍋にだし汁を沸かして調味したあとに、水溶き片栗粉でとろみをつけます。

先にとろみをつけると、具が浮きやすくなります☆

 

 

完成です♡

春の飾り巻き寿司ランチ。。。食卓が華やかになりますね。

巻き寿司のパーツを組み立てて、髪の毛の色を変えてみたり、お花の材料を変えてカラフルにしたり

ご家庭でもぜひアレンジして楽しんでみてください♪

 

HPのレシピ集に、今回のメニューレシピを掲載しています。

 

✿アトリエそらのHPはこちら

 

 

4月より料理教室を開催させていていただきます。内容等につきましてはHPにて詳細をご確認ください。

みなさまのご応募お待ちしております。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。